婦人

マイホーム建設は工務店にお任せ!スペシャルハウスのつくり方

  1. ホーム
  2. 建主目線で提案

建主目線で提案

間取り

独り善がりではない設計

マイホームをビルダーが考える時代からの変遷で、特別なデザインを想う建主目線で購入や建てることが可能です。京都にも大手から規模が異なる設計事務所が点在し、敷地を活用した古民家リフォーム・リノベーションも相談可能にしています。住めば都ともよばれる京都一帯は、住み慣れた建物、新築戸建てもリフォーム可能にしています。設計事務所では想いを聞くことに特化している特長が挙げられます。プランにラフ模型、設計データや参考予算などが提案されるのが一般的です。該当する敷地で何が可能で、どんな可能性があるのか、設計士は提案と作り込みに優れています。設計契約に至ると、大まかな設計方針から見積用に細部を詰めた実施設計が行われます。マイホームを建てる、あるいは既存する住まいをリフォームする場合には、工務店ともタックが組まれます。京都にも培ったノウハウを活かす工務店は多く、設計事務所では相見積りによる調整や選定を建主の意思や意向を考慮して行ってくれています。設計事務所への依頼は、個人には初めてのパターンも多く、費用の把握も問題視されています。一概には言えないものの、新築の場合、総工事費の10%程度が設計監理料の目安と言われ、構造検討料や設備設計料も含まれるケースが一般的です。一方、京都の戸建てでも増えているリフォームの設計料では、内容によっても差に開きがあり、工事費の20%程度を目安と捉え、資金計画が必要ですが、相談にも応える携わりです。